ビタミンC配合の化粧水

私はドクターシーラボの商品が好きなのが多くその中でも化粧水でオススメなのが「vc100エッセンスローション」です。

こちらの商品はドクターシーラボの中で1番人気の化粧水になるようですが、その人気はビタミン化粧水と言われていてビタミンがたっぷりと含まれています。

化粧水の特徴としては、濃厚なとろみがあります。とろみがあり肌に馴染みにくいのでは?と思いますが、真逆で肌が欲しているかのように馴染んでくれます。

ビタミン化粧水と言われるこちらの商品の最大の魅力が、ビタミンC誘導体を「高濃度200%」を含んでいる事です。まず、化粧水にビタミンCを200%も配合しているのは、ドクターシーラボのvc100エッセンスローションだけだと言えます。

そして、こちらのビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性を掛け合わせた濃厚なビタミンC化粧水で、それが、とろみを出しているのだと思います。

年齢を重ねと不安となるシミやソバカスにはビタミンCが大切でできるのを防ぐ又は、薄くしてくれる効果が期待できます。

その他にも、ビタミンC成分だけではなく沢山のアミノ酸やフルーツ酸、植物エキスなど含まれハリや弾力、潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸も配合しているという贅沢な仕上がりとも言える化粧水です。

次に化粧水の効果を高める方法を紹介しますね。

化粧水などの美容液をレンジで温めるという美容法が、ちまたで話題になっています。やり方は耐熱容器に1回分の化粧水または美容液を入れて、レンジで温めるだけです。

温度と時間の設定は、600ワットで7秒ほどにして下さい。温めすぎると、熱くなり過ぎて火傷をする危険が有ります。また衛生面の問題が有るので、使用する容器は食器とは違う物にしましょう。

化粧水を温めたら後はコットンで取って、肌に付けるだけです。なぜ温めるのが良いのかと言うと、温めた時の方が肌へこ浸透力が高くなるからなんです。肌は温まっている時の方が、美容効果が発揮されやすいという結果が出ているのです。だから冷たい液をそのまま付けるよりも、少し温かくなった液を付けた方が美容に良いのだそうです。

またレンジではなく、ボトルごと湯煎する事も可能です。なのでレンジで温める事に不安が有る人は、火加減を見ながら鍋で湯煎して下さい。

それから温める前に、化粧水に入っている成分を確かめましょう。そしてビタミンCが含まれている場合は、ビタミンCの成分を飛ばしてしまう恐れが有るので温めるのは控えた方が良いでしょう。

加熱しても大丈夫な化粧水や美容液だけ、レンジに入れるようにして美しさを作りましょう。